local source

『混浴温泉世界 場所とアートの魔術性』(河出書房新社刊)、遂に発売!


昨年夏よりTSチームが編集担当として制作を進めてきた、
別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」の記録と、
NPO法人BEPPU PROJECTの活動の軌跡を収めた、

『混浴温泉世界 場所とアートの魔術性』
が遂に完成!!

温泉地に溶け込むアートを旅するように巡る展覧会
別府発アートの軌跡と奇跡!

湯の街に溶け込むアートは、何と祝祭的か。
歌い、笑い、泣き、頬張り、
そして分ち合う。
湯煙の中にすべてが交じり合う世界が見える。
湯の街、別府はまるで現代の「エルドラド」(黄金郷)
のように輝いている。
――姜尚中(カン・サンジュン)

幻想的な湯煙に包まれ人が生きる別府、
私は人生の深さを学びました。
――インリン・オブ・ジョイトイ

河出書房新社より全国大型書店、アート系専門書店を中心に発売中!
もしくは
下記リンクのアマゾンにて。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B7%B7%E6%B5%...

BEPPU PROJECTオフィシャルサイト
http://www.beppuproject.com/news.html#b
------------------------------------------------------
『混浴温泉世界―場所とアートの魔術性』

発売:河出書房新社
編者:TOKYO SOURCE
監修:芹沢高志(P3 art and environment)
著者:NPO法人BEPPU PROJECT
発刊:2010年3月1日(予定)
B5/全200ページ、定価:2,800円(税別)

BEPPU PROJECTは、別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」とBEPPU PROJECTの軌跡。

■編者:TOKYO SOURCE

■監修:芹沢高志
1951年東京生まれ。89年にP3 art and environmentを開設。さまざまなアート、環境関係プロジェクトを展開する。帯広競馬場で開かれた国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(02~08年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーターなどを務める。著書に『この惑星を遊動する』(岩波書店)、『月面からの眺め』(毎日新聞社)、訳書にバックミンスター・フラー『宇宙船地球号操縦マニュアル』(ちくま学芸文庫)などがある。
------------------------------------------------------

編集作業は別府と東京の二元で行い、
TSは可能な限りの工程にかかわり、
編集後記も書かせてもらいました。

制作を終えて改めて思ったのは、
とにかく、別府という現代アートとは縁がない温泉地に、
BP代表の山出淳也さんがアートNPOを立ち上げ、
本当にその五年後に国際アートフェスティバルを開催してしまった、
という行動力とか信念のすごさ!! 改めて敬意を表します。

今回の書籍制作では、
山出さんをはじめ、デザイナーの森竹さん、編集を手伝ってくれた田嶋さんなど、
BPスタッフが忙しい日々の業務の中、本の制作のために時間と労力を割いてくれました。

また、「混浴温泉世界」総合ディレクターの芹沢高志さんには、
監修として、様々な御助言をいただきましました。

写真も、グラビアページ満載!
表紙と巻頭は、別府出身の草本利枝さんが撮影。
幻想的な写真が、魔法にかかった町を表現。

TS高木NOJYOは、印象的な別府の各シーンを切り取り、
章扉の写真と巻末の裁ち落としグラビアを担当。
旅行者としてのクールな目線でこの町に迫りました。

別府の中でも知る人ぞ知る秘湯?を僕と一緒に撮影しに行ってくれた安藤幸代さんは、
地元っ子ならではの、温泉激写写真をシュート。

フェスティバルの記録写真もふんだんに使わせていただき、
地元写真家の皆様にも大変お世話になりました。

それから、TS近藤と行なったTS本編のインタビューを抜粋しています。
芹沢さん、山出さんに加えで、国内若手の制作発表の場となった、
「わくわく混浴アパートメント」のコーディネータを務めた、
未来美術家の遠藤一郎君のインタビューが掲載されています。

都内大型書店やアート専門書店、ミュージアムショップで
見かけたらぜひ手にとってみて下さい!!